ハマス駆逐は不可能、根気あるのみ

ガザ侵攻で炎上した中東紛争。カリスマや新外交に期待は禁物だ。オバマは奇跡の人ではない。

2009年2月号 GLOBAL [オバマの難題Ⅲ]

  • はてなブックマークに追加

パレスチナ自治区ガザからイスラム原理主義組織ハマス(「イスラム抵抗運動」の略称)が発射するロケット弾攻撃に対して、イスラエルがF16戦闘機や地上部隊まで動員して反撃に出て、1月11日までに880人を超す犠牲者を出し、イスラエル・パレスチナ紛争は混迷を極めている。1月8日、国連安保理は英国提案の停戦決議を採択したが、米国は棄権し、実効はおぼつかない。エジプトの調停も(本稿執筆時点の11日現在)結論が出ていない。イスラエルが強い信頼を寄せるのは米国だ。中東和平プロセスには、米国の強いリーダーシップが求められる。第44代の米大統領に就任するオバマの選択肢を理解するには、いくつかの点を明確にしておく必要がある。第一に、よほどのことがない限り、ハマスは今後もガザを支配し続ける。2月に予定されるイスラエル総選挙で首相復帰を狙うエフード・バラク国防相は、「イスラエル ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。