アメ車は生まれ変われるか

2009年2月号 連載 [industryの極意 第10回]

  • はてなブックマークに追加

前号からわずか1カ月で、金融危機は雇用を巻き込んだ社会不安に進んだ。全てのモノが売れなくなる時勢に自動車産業が特にクローズアップされるのは、その裾野が広いことにある。ビッグ3も公的資金の注入で短期的には息をついたものの、経営内容から、本格的な危機はむしろこれからと見られている。大型車偏重の製品ラインアップは急には変更できないし、新エネルギー車両も開発に時間がかかる。そこまでもつのであろうか。日本を代表するトヨタも、今だから浮き彫りになったことではあるが、ここ数年戦略的な過ちを犯していたようである。それは米国メーカーの牙城である大型車のジャンルに入っていったことである。米国車の大半を占める大型ピックアップやSUVは、米国オンリーの特殊商品でほとんど他の市場には向かない。しかし米国市場を本格的に攻めてGMに追いつき追い越すためには、ぜひ必要な商品 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。