商魂逞しき「1円パチンコ」

巷では貸し玉料金1個1円の価格破壊パチンコが大流行。賭博性が弱まり、店内はコンビニ化。

2009年2月号 DEEP [30兆円の巨大ビジネス]

  • はてなブックマークに追加

パチンコ業界で1円パチンコ店が盛況である。その数は全国で1100店を突破し(2008年8月現在)、さらに増えそうな勢いだ。とくにパチンコ激戦区の北海道ではパチンコ店の20%以上が1円パチンコ店となっている。道内のパチンコ店経営者が説明する。「パチンコ玉の貸し玉料金は1個4円が主流。しかし、この料金では遊技金額がかさんで気軽にパチンコを楽しめず、ファン離れの原因にもなっていた。そこで、貸し玉料金を4分の1に引き下げ、もっと気軽に楽しんでもらおうと登場したのが1円パチンコです」最盛期、売り上げ30兆円を誇ったパチンコ産業だが、07年度の売り上げは27兆4550億円に急落。ここ数年は休廃業が相次ぎ、店舗数は06年度の1万4674店から07年度は1万3585店へと、1年間に1089店も減った。そこで1玉4円から1円という価格破壊をアピールし、集客に乗り出したのが1円パチンコ店だった。狙いは当た ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。