室伏政投銀総裁に退陣説後継は財務次官OBか

2009年2月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

日本政策投資銀行(DBJ)の室伏稔総裁(77)に交代説が浮上している。07年10月の就任からわずか1年余り。伊藤忠商事元社長の肩書はご立派だが、いざ総裁の座に就いてみると、昭和6年生まれの高齢がネックになっているようだ。行内の室伏評は「精気に欠ける」「リーダーシップ不在」などと散々。就任直後のインタビューでは、記者の目の前で想定問答集を手に「聞かれてもいない質問の答えを読み上げた」と嘲笑される有り様。完全に老人扱いで、「果たして日常業務の報告を理解しているのか……」(幹部)と不安の声が漏れてくる。激変する国際金融情勢に即応した判断が下せるはずもなく、交代時期は4月が有力と見られる。後任争いは、元財務事務次官・藤井秀人とDBJ生え抜きである荒木幹夫、両副総裁の一騎打ちとなる。財務省からすればもともと次官OBの天下りポストだったDBJ総裁の座を奪還する好機。仮に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。