CP「政投銀買い取り」に財務省が暗躍

国交省の先走りをうっちゃり、資金繰り難の企業が殺到。 社名非公表の陰で裁量を利かせ「わが世の春」とは。

2009年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

マネーが凍りついている。金融機関はお互いに信用せず、市中にマネーを流さない。高格付け大企業の無担保の短期資金調達手段であるコマーシャルペーパー(CP)ですら、引き受け手がいないありさまだ。昨年12月、政府は日本政策投資銀行(政投銀)を通じたCPの直接買い上げを決め、日銀も12月19日の政策会合で、利下げとともにCP買い切りを含む資金繰り支援策を発表した。国家が民間企業の「資金繰り」の面倒を見るのだから、非常事態宣言にひとしい。10月にCP資金提供機構(CPFF)を設立してCP買い取りに踏み切った米連邦準備理事会(FRB)の後追いとはいえ、白川方明総裁の「中央銀行が信用リスクの補完に踏み切るのは異例中の異例」という発言に苦衷が表れている。しかもCP購入は、12月初旬から中旬にかけてのわずかな期間にバタバタと決まった。国民的合意が得られるような状態ではなかったが、いっ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。