小沢も愛想尽かす?「賞味期限切れ」の加藤紘一

2009年2月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

麻生太郎首相と「犬猿の仲」である加藤紘一元幹事長に、民主党の小沢一郎代表は、自民党分裂の先導役を果たすよう密かに期待をかけていた。実際、昨秋以降、小沢氏は加藤氏と密会を重ね、「自民党離党」を促してきた模様。その際、小沢氏は加藤氏に「最低20人は引き連れて党を割るよう求めた」(民主党筋)とされる。2000年秋の「加藤の乱」の失敗で政治家としての信用を失った加藤氏は、以来、不遇をかこってきた。それだけに政界再編につながる可能性が高い次期衆院選は、捲土重来の絶好のチャンス。ゆえに加藤氏は「反共と経済成長という結党時の歴史的使命を終えた」などと自民党批判を強め、昨年内の新党結成をめざしていたフシがある。しかし、小沢氏が示した「20人を引き連れ」という条件は、加藤氏にはあまりにも高すぎるハードルだったようだ。加藤氏は盟友の山崎拓前副総裁に「人貸し」を頼み ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。