負けず嫌いの本命登場

2009年2月号 連載 [CHALLENGER]

  • はてなブックマークに追加

09年4月1日付で全日本空輸の新社長に昇格する伊東信一郎副社長(58)は、とにかく負けず嫌いだ。2年前から営業推進本部長を管掌しているが、折しも燃油費高騰に伴う運賃の値上げで、主力の国内線は新幹線に客足を奪われていた。そこで顧客奪回のために新幹線より低い運賃に設定した「早割」を導入、本人もJR新橋駅前などで全日空のはっぴを着てパンフレットを配り続けた。新興航空会社のスカイマークが全日空にぶつける形で稼ぎ頭の羽田―新千歳線や羽田―福岡、沖縄線などで矢継ぎ早に対抗運賃を設定したときもすぐさま反応。08年4月には6月分の羽田―福岡線の運賃を改定し、「特割1」や「特割7」など事前購入型の割引運賃で初めてスカイマークを下回った。これに先立つ1月の全日空の運賃改定時にスカイマークは「出発時間が競合する便だけを値下げするのは不採算覚悟の不当廉売」として公正取引委員会に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。