張り子の虎か「創価学会」

池田大作著『新・人間革命』がさっぱり売れない。信者数も集金力もいささか誇大ではないか。

2009年2月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

それは異変であり、予兆なのではないだろうか。創価学会の名誉会長、池田大作氏の著作、『新・人間革命』が売れなくなっている。2008年11月にその最新刊である第19巻が刊行された。オリコンが発表している書籍のランキングがあり、30位までが掲載されている。その11月24日付のランキングでは、堂々2位に入り、その推定販売部数は2万6186部となっていた。これは、1週間の売り上げだから、書籍としてはかなり売れたことになる。ところが、その次の週(12月1日付)では15位に落ち、週間の部数は1万6072部だった。累計で4万2258部である。その後、『新・人間革命』第19巻は、30位までに入っていない。したがって、どれだけ売れているのかはわからないが、下位の30位が1週間に1万部から1万5千部の間だから、週間の売り上げが1万部を超えることはないだろう。発売第1週から第2週にかけて売り上げが急降下した ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。