3新幹線の新規着工へ与党がまたも「我田引鉄」

2009年2月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

整備新幹線で、またしても選挙目当ての「我田引鉄」が目立ち始めた。与党が未着工区間の一部について、強引に来年度の新規着工を決めたのだ。与党が着工を決めたのは、北海道新幹線の長万部―札幌、北陸新幹線の金沢―福井と敦賀駅、そして九州新幹線・長崎ルートの長崎駅。現在建設中の区間の完成を待たず、さらに着工区間を拡げようというわけだ。北海道では新函館―長万部より先に長万部―札幌を着工し、九州では終着点の長崎駅から先に手を付ける。全線開通に向けて既成事実を作ってしまう意図が見え見えだが、それ以上に問題なのは建設費のメドが立っていないことだ。これまで建設費は、完成後にJRが支払う線路や設備の借り賃(貸付料)などで賄っており、将来の貸付料収入は17年度まで先食いされている。3新幹線の全線開通にはさらに2兆円超、部分着工だけでも1兆2千億円が必要とみられるが、これにつ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。