奈落の淵で「オバマノミクス」

負債過多にデフレでは米経済は破局。巨額の財政出動も、限界消費性向の急落で「バケツに穴」となるか。

2009年2月号 COVER STORY [オバマの難題Ⅰ]

  • はてなブックマークに追加

7750億ドル。寒風吹きすさぶ米国でこの数字が独り歩きしている。1月20日が就任式のバラク・オバマ新大統領が唱える、向こう2年間の景気対策の規模だ。円換算で70兆円規模の対策の器に何を盛るか――に皆の関心は集中する。それもそのはず、米国景気はデフレの渦にのみ込まれる寸前で、政府の対策にすがるほかないからだ。就任式直前の1月9日、発表された昨年12月の雇用統計は惨状を呈していた。2008年1年間で258万人の雇用が失われた事態はただ事ではない。その同じ日に、シティグループの経営執行委員会委員長、ロバート・ルービンの職も失われた。上級顧問の座を退き、株主総会後は取締役も辞めると発表した。いうまでもなく、ルービンはクリントン政権時代に財務長官を務め、「ドル高」を前面に打ち出し、世界の資本を集め高成長を演出した。今回の大統領選では、予備選ではクリントン陣営、本選ではオ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。