エムケイらタクシー会社が規制強化に「最後の抵抗」

2009年2月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

新興のタクシー会社による乗務員の大量募集が話題を呼んでいる。その狙いは「国土交通省の規制強化(増車規制)への面当て」(ある大手タクシー会社幹部)との見方がもっぱらだ。エムケイ(本社京都市)は「今後1年間に1万人の新規雇用」を発表。横浜、福岡、札幌など新規参入地域で運転手を中心に4千人を募り、京都、東京など既存営業地域でも6千人を採用する計画。この結果、エムケイの従業員は現在の3千人から1万3千人に増えるという。全国最多の6500台のタクシーを有する第一交通産業(同北九州市)も年末に、3月末までに乗務員を中心に30都道府県で計6千人の正社員を募集すると発表した。しかし、不況期のタクシー会社には募集などかけなくても自然と運転手が集まってくる。同業他社は「エムケイも第一も宣伝がうまい。実際は、そんなに乗務員を増やせるはずがなく、大量採用は増車抑制に動こうと ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。