菅直人がマジで「政権移行プラン」

政権交代前夜の胎動か。党内で衆院選勝利から組閣人事に至る詳細な手順を練り始めた。

2009年2月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「自分は受け取るかどうか分からないのに、皆に『受け取れ』と言う。それがリーダーのやることか」1月8日、衆院予算委員会。民主党代表代行・菅直人は定額給付金を巡って首相・麻生太郎を攻め立てた。政権交代を懸ける2009年、元代表が格落ちの予算委筆頭理事に。国会の切り込み隊長として忙殺される菅は「児玉源太郎か」と日露戦争で内相から参謀次長に降格、二〇三高地を攻め落とした陸軍大将に自らを重ね合わせるが、「本当はあっちをやらなくては……」と後ろ髪を引かれる思いにも囚われていた。「あっち」は昨年12月15日に遡る。「首相指名から組閣完了まで3日はかける。まず首相が大臣全員を集めて基本方針を示し、しっかり腹を合わせてから最初の記者会見に臨む」菅は日本記者クラブでの講演で「官僚任せではない内閣の作り方」をぶち上げた。衆院選に勝った瞬間からの「政権移行」の手順を詳細に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。