三井住友銀行が狙う大和証券

三洋電機の売却益が命綱の大和証券。頓挫したらメガバンクの軍門に降るほかない。

2009年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「大和証券グループの財務内容が厳しいことは聞いている。三井住友フィナンシャルグループ(FG)が、支援に動くのではないか……」三井住友FGが優先出資証券による5382億円の増資を発表した12月11日、金融当局の幹部はこう語った。三井住友FGは、さらに2千億円規模の追加増資を計画し、総額7千億円以上の資本増強を行う方針だ。表向きは「不良債権処理費用の増加に伴う自己資本の目減りを補い、融資余力を拡大するため」だが、金融界や当局筋では「大和証券の統合を視野に入れた軍資金作り」と囁かれている。三井住友FG内からも「奥さん(正之・三井住友銀行頭取)が懸案解決に動き出した」(幹部)との声が漏れてくる。三井住友FGの今回の増資引受先には日本生命や住友生命だけでなく、三井物産や三井不動産まで入っていることを見ても、戦略性を秘めた本格的な増資であることがうかがえる。2009年中に欧 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。