渡辺 捷昭氏(トヨタ自動車社長)

死地にあって上下一致の「報国」

2009年1月号 連載 [経営者のひきだし 第33回]

  • はてなブックマークに追加

いま、「危機に強い」とされるトヨタのDNAが、試されている。1949年末に約束手形2億円の決済が困難となり、銀行団の緊急融資を受け、販売部門を分離して窮地を脱して以来受け継がれる「常に問題をみつけ、顕在化させ、改善を重ねていく」というDNA。世界の金融市場が収縮し、あらゆる消費財の需要が急減するなか、受け継がれてきたこの力を、どう活かすのか。「陥之死地然後生」(これを死地に陥れ、然る後に生く)――率いる部隊を、生きるか死ぬかのところへ投入してこそ、活路は開ける、とする『孫子』の教えだ。危機感というのは、リーダーだけが持てばいいのではない。組織の末端まで浸透させ、全員の力を引き出さない限り、危機から脱することは難しい、と説く。トヨタ単体で7万人弱、世界中のグループで32万人に及ぶ大部隊に、その危機感を共有化させようと連呼するのは、もちろん、この人だ。渡辺 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。