英国がVATを時限減税麻生流の「先楽後憂」予算

2009年1月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

英国で「今買って後で払おう」は、家電小売店で見かけるローンの広告の文句だが、英政府は景気浮揚を狙い国を挙げて「先楽後憂」の経済政策をとろうとしている。アリステア・ダーリング財務相が発表した09~10年度の予算編成方針(プレバジェット)で示したもので、12月から付加価値税(VAT)を2.5%時限減税する一方、11年度以降に高所得者層の所得税や社会保障負担率を引き上げる。これで09年度公的借入額は1180億ポンドに膨れ上がる見通しで、労働党政権の一大ギャンブルと見られている。VATの引き下げ期間は09年12月末までの13カ月間。「そのころには景気も回復基調」(同財務相)との見方に基づく。消費者の財布は125億ポンド分膨らむが、英国ではもともと食品や子供用品、書籍などにはVATがかかっていないため、白物家電など大型耐久材の消費意欲を刺激しようというのだ。一方、次の総選挙が10年 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。