シティ傘下の日興2証券を3メガバンクが虎視眈眈

2009年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米金融大手シティグループが傘下の日興コーディアル証券と日興シティグループ証券の中核2社を売却するとの噂が絶えない。危機に陥ったシティは米政府から450億ドルの資本支援を仰ぎ、世界で約5万人の削減に着手。同時に対日ビジネスの抜本的見直しも進めており、3メガバンクを中心とする国内勢が色めき立っている。追い詰められたシティは、先に日興シティ信託の売却を決め、入札を実施。三菱UFJ信託、みずほ信託、住友信託の3メガバンク系信託が応札した。3メガバンクは「あくまで前哨戦。いずれ中核の証券2社も売りに出される」との見方で一致している。「先行売却案件」でシティのリストラに協力して恩を売り、次に控える売り物に備えるということか。3メガバンクがシティに媚びるのは、証券最大手の野村ホールディングスが拡大路線を突き進んでいるためだ。野村は米リーマン・ブラザーズのアジア・ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。