「哀れな窮鼠」麻生が最後の賭け

与謝野・園田が細々と支えるも落城寸前。総務会も党税調も迷走で自民の統治能力劣化。

2009年1月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「急ではありますが、国民の皆様に是非お話ししたいことが……」12月12日夕。首相・麻生太郎は抜き打ち的に記者会見。新たな「生活防衛緊急対策」の策定を発表した。「財政で10兆円、金融の保証・融資枠で13兆円」の内実は既定路線も目立ったが、09年度予算に新設の「経済緊急対応予備費」を1兆円計上し、非常事態への備えを演出。次の一言が連立与党に激震を走らせた。「大胆な行政改革をやり、経済状況を見て3年後に消費税率引き上げをお願いしたい。私のこの立場は全く変わっていない。11年度から消費税を含む税制抜本改革を実施したい」この日未明までもつれた与党税制協議会。消費税増税を巡り、麻生の指示で自民党は「法制上の措置を10年に講じ、11年度から増税を開始。15年度までに段階的に施行」との原案を持ち込んだ。衆院選への影響を危ぶむ公明党が峻拒するや、自民党税制調査会長・津島雄二は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。