天皇を蝕む「雅子妃問題」

羽毛田宮内庁長官が「両陛下は深く傷つかれた」と異例の会見。天皇の「心労」を皇太子夫妻は何と聞く。

2009年1月号 LIFE [軋む天皇家の絆]

  • はてなブックマークに追加

天皇は12月、75歳の誕生日を前に体調を崩し、宮内庁病院で検査を受けた。検査の結果、天皇には胃などに炎症があり、宮内庁は精神的ストレスの可能性があるとの見方を示した。「雅子妃問題」は依然として出口が見えず、象徴天皇のあり方が問われかねない。家庭内の軋みは公然化しており、皇位継承問題でも心労が多く、こうしたことがストレスになり、健康を蝕んでいる。2009年は在位20年、結婚50年の節目の年を迎える。08年10月下旬、日本橋高島屋で、「皇后さまと子どもたち」写真展が開かれた。延び延びになっていた皇后の古稀を祝ってのものである。写真は百枚ほど。会場には皇后世代の後期高齢者が詰めかけ、長蛇の列ができた。いまさらながらの皇后人気である。首を傾げたのは、2人の嫁も孫も入れず、昔の皇太子時代の一家だけで会場を訪れたことだ。白黒写真も多く交じる、若き日の睦まじい家族写 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。