死を賭した「裏ポーク脱税」の告発

横浜地検に届いた封筒に、遺書とカセットテープ。社長と専務の口論に浮かぶ「差額関税」の闇。

2009年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

まさに死を賭しての直訴だったのだろう。それは3年前、2005年の秋が深まるころだった。横浜市の官庁街、日本大通にある横浜地方検察庁に、やや大ぶりの封筒が届いた。差出人の名は「岡田年彦」。大阪証券取引所2部上場、川西倉庫の専務(同年11月退任)だった人物である。「岡田」としたためられた封書に、検事らは色めきたった。当時、横浜税関が、ある食肉輸入業者と通関業者を脱税容疑で内偵中であり、地検への告発は時間の問題とされていたからだ。内偵していた通関業者が川西倉庫だった。封筒を開けると、捜査当局宛ての手紙とカセットテープが入っていた。テープを再生してみる。岡田と川西倉庫社長の生々しいやりとりが録音されていた。社長「お前を特別背任で訴えるぞ!」岡田「損害賠償を請求するから、そのつもりでいろ!」社長の激昂した怒声、反論する興奮した岡田の声が収められていた。一 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。