「崖っぷち」のオリックス

火だるま不動産事業。グループに移すかたわら、1500億円の転換社債発行で、市場に資金不安説。

2009年1月号 DEEP [ノンバンク受難]

  • はてなブックマークに追加

ノンバンク最大手、オリックスが崖っぷちに立たされている。12月5日、証券取引等監視委員会に対し「株価に重大な影響を与える、事実に基づかない情報が流布されている」と調査を依頼するとともに、1千億円のコミットメントライン(融資枠)契約の更新を発表。さらに9日には、わざわざ「短期流動性について」と題して「資金調達には一切懸念はございません」とするニュースリリースを流した。その風説が何だったかをオリックスは明かさないが、株価は11月4日の1万550円から12月5日は一時4000円を割りこみ、9日は3710円まで下げている。オリックスは外国人株主比率がピークで67%と高く、それだけ海外からの損切りまたは換金売りにさらされやすい。この比率は現在57%に低下したが、国内の株主からの売りも膨らんだ。株価だけではない。企業のデフォルト(債務不履行)リスクの保険商品であるCDS(クレジ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。