小沢が煽る「救国選管内閣」

進退窮まった麻生に唯一残された「話し合い解散」。全政党合意の「持ち株会社」方式の新党構想が浮上。

2009年1月号 POLITICS [麻生はいつ辞めるのか]

  • はてなブックマークに追加

「首相は指示していないし、これからもしない。何か言っていたとしても、『答えが見つかりませんでした』というのも答えのうちだろ」道路特定財源問題に続いて2009年度税制改正でも、たばこ増税や消費税率引き上げ時期の明示といった麻生太郎首相の指示は、与党側からことごとく無視された。自民党税調幹部の身もフタもないセリフに、「麻生離れ」の実情が端的に表れている。自民党ベテラン議員たちは口では「首相を支える」と言いながら、政策決定の根幹において首相の意向を公然と蔑ろにしている。「官邸主導」どころか「官邸無視」「首相抜き」の現状であり、もはや政権の体をなしていない。自民党挙げての深刻な政治空洞化に比べれば、渡辺喜美・元行革担当相ら中堅・若手議員が集まって「反麻生」を叫ぶのなど、かわいい悲鳴のようなものである。これほど深刻な首相の権威失墜は、森喜朗元首相のケ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。