襲いかかる「日本大恐慌」

マクロ経済指標は軒並み異常値。大小を問わず企業は資金繰りに悲鳴。もはや対岸の火事ではない。

2009年1月号 COVER STORY [世界の流動性枯渇]

  • はてなブックマークに追加

これは地震用語で「断層的シフト」(Seismic Shift)と呼ぶらしい。突如、激震に襲われて奈落に落ち込むことを言う。米投資銀行リーマン・ブラザーズの破綻ショック以降の実体経済がそれにあたる。米国の失業率は11月に6.7%に上昇、非農業部門の被雇用者数は前月比53万人減と34年ぶりの減少幅になった。日本でも11月の新車販売が27%減、工作機械受注が62%減と惨憺たる数字が続出。同月の鉱工業生産指数は73年以来最大の前月比6.4%の下げ幅が見込まれ、10~12月の落ち込みを年率換算すると3割減という急変ぶり。「米欧より相対的に健全」な日本経済も、1970年代石油危機を凌駕する暴風雨圏に突入した。世界に冠たる大企業が、目先の資金繰りに難渋する「流動性枯渇」に直面しているのだ。ロイヤル・ダッチ・シェルは誰もつぶれるとは思わない石油メジャーだが、12月に入って30年債を発行した。安全資 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。