編集後記

2009年1月号 連載

  • はてなブックマークに追加

1904年9月、社会学者マックス・ヴェーバーは、大西洋を渡ってアメリカ大陸の土を踏んだ。妻マリアンネの日記には、ヴェーバー夫妻のマンハッタン体験が記されている。馬糞の臭いのたちこめる街路の雑踏、21階建ての摩天楼ホテルの一室の無機質と痰壺、窓から俯瞰した目も眩むような眼下の景色……。この旅のヴェーバーの反応が面白い。▼同行者が糞ミソにアメリカをけなすと怒りだし、ドイツよりましだと弁護する。が、ベルリンの広壮な邸宅に慣れた彼に、アメリカの教授の家は人形の家(!)に見え、「パイプをふかせば濛々とたちこめそうだ」と愚痴った。4カ月かけてシカゴ、セントルイス、ボストンなどを転々とするが、アラバマ州の小さな町タスキーギで、この国の遠い未来を透かし見することができた。▼奴隷だった混血の男が、黒人のために運営している教育機関を訪れたのである。差別を克服するには、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。