「靖国問題」を追いかける神社新報

2009年1月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

教団運営をめぐる内紛、江戸初期の日本の殉教者をローマ法王庁が「福者」として讃える国内初のカトリック列福式、かつてない高額で仏像を落札した新宗教教団など、さまざまな話題があった2008年の宗教界。ひときわ大きなニュースだったのが、中国人の李纓監督によるドキュメンタリー映画『靖国 YASUKUNI』の上映だろう。一時の大量報道は完全に収まったが、神社界では今も余燼がくすぶっている。「靖国刀」をつくる老刀匠の姿を中心に、終戦記念日の靖国神社を描いた同作品は、一部メディアが「反日的」と報道したことによって社会的事件となった。文化庁の所管法人である「日本芸術文化振興会」が750万円の助成金を出していたことを自民党の国会議員が問題視し、民族派団体が街宣活動などを展開。一時は一般公開が中止され、表現の自由をめぐって大きな論争が起きた。その後の一般上映では混乱も対外 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。