鈴木セブン&アイが大丸・松坂屋連合を買収か

西武・そごうに大丸・松坂屋を加えた百貨店連合構想が急浮上。キャッシュリッチな鈴木会長の決断次第。

2009年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「4大百貨店時代は長く続かない。近い将来、3大百貨店になる。焦点はミレニアム リテイリングだ」百貨店業界にこんな声が広がっている。08年10月、高島屋と阪急・阪神両百貨店を傘下に抱えるエイチ・ツー・オー リテイリング(H2O)が2011年をメドに経営統合することで合意した。実現すれば年商で三越伊勢丹ホールディングスを凌ぐメガ百貨店が誕生する。それは大丸・松坂屋連合のJ・フロント リテイリング(JFR)と、西武百貨店・そごう連合のミレニアム リテイリングを加えた4大百貨店時代の幕開けをも意味する。だが、百貨店市場は縮小の一途。百貨店の合計売上高はピーク時の1991年には9兆7千億円あったが、世界的な金融危機のもとでの08年は7兆5千億円を下回るのが確実だ。

孤立する大丸心斎橋店

ところが、百貨店各社は強気の店舗新増設計画を降ろさない。とりわけ問題視されているのが、阪急、阪神、伊勢丹三越、高 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。