農林中金が「2兆円覚悟」で増資大号令

中間決算発表では「1兆円超」だったのに、毒サラで目いっぱい。やはり含み損が実質2兆を超えては…。

2009年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「大変ご心配をかけてお詫びする。リスク管理に不十分なところはなかったか、反省すべきところは反省したい。反省点をひとことで言えば時価(による)ブレ。公正な価格と市場価格の乖離が想定を超えた。百年に一度の出来事とはいえ、今後はそのシナリオも備えたい」11月27日、農林中央金庫は日銀記者クラブで08年度9月中間決算を発表、会見に臨んだ上野博史理事長は、驚くほど神妙だった。農林水産省事務次官時代は鼻っ柱が強く、「ちびっ子ギャング」と呼ばれて農水大臣はおろか、財務大臣に何を言われようともビクともしなかったが、その剛胆の面影はもはやない。無理もないのだ。前日の日経朝刊で国内金融機関では最大級の「1兆円増資へ」と報じられ、それを裏書きするように中間決算発表では「純利益が前年同期比92%減」「有価証券の含み損は1兆5737億円」「JAグループ内で1兆円超の資本増強」と惨 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。