新日石と新日鉱の統合で石油業界に再編・淘汰の嵐

2009年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

12月4日、石油元売最大手の新日本石油と同6位の新日鉱ホールディングス(HD)が09年10月に経営統合することを発表した。統合後の売上高は13兆円、国内ガソリン販売のシェアは33%。世界第8位の巨大石油企業の誕生となる今回の統合劇は、世界的な景気後退に加え、ガソリンの販売量減少や価格暴落で生き残り困難になった新日鉱HDの事実上の救済措置である。08年上半期までの石油元売各社の業績は表向き好調だったが、これは原油高騰による在庫評価益を過大計上していたため。原油価格上昇分のガソリン価格への転嫁が遅れ、精製・販売部門は実質赤字だった。これに追い打ちをかけたのが、ガソリン価格の高騰による販売量の急減と急速な景気悪化である。秋以降のガソリン販売量は各社とも前年同月比マイナス10%の危機的状況。9月以降のガソリン価格下落後も販売量回復の兆しは見えない。我が国の石油業界は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。