GM―― 一縷の望みは基礎技術

政府支援の迷走で沈没寸前。曙光が差すとすれば、エコカーに挑戦する経営陣の奮起しかない。

2009年1月号 BUSINESS [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

米自動車大手3社(ビッグスリー)に対する「自動車大手救済法案(自動車産業融資・リストラ法案)」がダッチロールしている。下院が12月10日、法案を可決したことで140億ドル(約1兆3108億円)の政府融資が可能になり、ビッグ3の資金繰りも一息つくかに見えたが、一転して翌日の上院では審議が決裂、廃案の気配が濃厚となった。本稿の締め切り時点では今後の展望はまだはっきりせず、さらに迷走する可能性もあるが、ビッグ3の一角であるGM(ゼネラルモーターズ)は事業継続のためには年末までに約40億ドルの融資が必要としており、状況次第では「チャプター・イレブン(米連邦破産法11条)」適用の申請に追い込まれかねない。資金繰りが最も窮しているGMの行く末に対してはかねてから、「将来的には破綻しかない」という悲観的なシナリオを描く人が多い。ノーベル経済学賞を受賞したプリンストン大学の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。