中朝国境に解放軍10万人 金正日手術失敗が理由か

2009年1月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

北朝鮮の金正日・国防委員長(総書記)の健康不安説は、北朝鮮が元気に国内を視察する総書記の写真(撮影日時不明)をたびたび発表して打ち消しに躍起になっているにもかかわらず、今なお消えない。英国のインテリジェンス幹部は、健康不安説の発端となった9月の北朝鮮建国60周年記念式典に出席しているが、この幹部によれば「金正日の容態が悪化しているという明確な証拠を得ている」という。金正日は8月に循環器系の手術を受けたとされるが、手術前に撮影されたという写真には「66歳には見えないほど老け込み、ひどく衰弱した金正日が写っていた。鋼のような手で国家権力を掌握していた金正日も、さすがにこの時点で力を失っていただろう」と英情報機関の写真分析専門家も言う。英国の対外諜報機関MI6と外務省は、すでに米国の国務省、中央情報局(CIA)と共同で、金正日死去の際の緊急計画の作成に乗 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。