ソフトバンクがNTT光回線販売の裏技

2009年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

ソフトバンクが、宿敵NTTの光ファイバー通信回線「Bフレッツ」を代理販売するという衝撃的なニュースが流れた。ソフトバンクは自社が提供するADSLサービス「ヤフー!BB」の高速版としてBフレッツを利用するというが、実態はソフトバンクが、NTTの販売代理店になるということにほかならない。この奇妙な呉越同舟について、ある関係者は「総務省主導による光回線普及のための裏技」と言う。NTTは2010年度までに国内で2千万件の普及をめざし、Bフレッツの顧客獲得に血眼だが、足元の販売状況は苦しい。夏以降、月間の獲得件数は前年実績を下回っており、中間決算では08年度目標の340万件を280万件に引き下げる苦渋の選択をしたばかりだ。この修正目標でさえ「達成困難」(NTT関係者)と囁かれており、2千万件の看板を下ろすか否かの決断を迫られている。この窮状を救う可能性があるのがソフトバンクとの「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。