仕事始めの1月5日に「倒産ラッシュ」が起こる?

2009年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

平成21年の干支は丑。お節とお屠蘇をいただいて牛のようにごろ寝をしたいところだが、百年に一度の経済危機ではそうも行くまい。2009年の仕事始めは1月5日。例年の4日が日曜日となるため、役所も企業も銀行も5日スタートになる。株式市場の幕開けも5日だ。そこで懸念されるのが「仕事始め」を襲う倒産ラッシュ。お屠蘇気分もそこそこに、取引先の安否の確認に走るハメになりそうだ。民間調査機関の帝国データバンクによると08年1月から11月までの企業倒産件数は1万1534件。すでに前年1年間の1万959件を上回り、年末までに1万2500件前後に増え、「03年以来の悪い水準」になる見通し。倒産件数の増加は、詰まるところ企業の資金調達環境の悪化に尽きる。政府は、中小企業対策の目玉として信用保証協会が100%保証する6兆円の保証枠と、3兆円の緊急融資枠の計9兆円の金融支援を打ち出したが、すべての中小 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。