小沢が仕掛けた「超大連立」与謝野と中川秀の接近

2009年1月号 POLITICS [政々堂々 第1回]

  • はてなブックマークに追加

「まるで幕末の維新前夜のようだ」自民党の閣僚経験者がうめくようにつぶやいた。12月8日の新聞各紙が麻生太郎内閣の支持率急落を伝えると、自民党内の中堅、若手議員を中心に、政局をにらんだ動きが加速した。与党内では、 公然と「麻生ではもたない」と語られている。歴史の歯車が大きく動き出したのだろうか。もしも麻生政権が倒れるようなことがあれば、次は森喜朗以来、5代の政権で続いた自民、公明両党の連立ではなく、新しい枠組みの政権になる可能性すらある。では、どのように?その問いに、だれも確たるシナリオを描けない。濃い霧の中で「騎馬戦」のような戦いが始まろうとしている。敵味方が入り乱れて個別戦を繰り広げ、目前の相手に勝ったところで、自分が最終的に勝利するとは限らない。目算なき死闘である。政界再編をだれもが予感し、もはや自民、民主という枠組みすら絶対確実とはい ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。