自分の首絞める北朝鮮の「南北遮断」

観光客受け入れ中止や工業団地縮小直前の開城ツアーをルポ。結局は北内部の不満を鬱積させるだけ。

2009年1月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

12月1日、北朝鮮は南北連結鉄道の運行中断などとともに、朝鮮半島の南北分断の象徴、軍事境界線に近い高麗時代(西暦918~1392年)の古都、開城(ケソン)市へのバスツアー受け入れ中止を断行した。韓国の李明博政権が「南北対決を執拗に追求している」からだという。このツアーは韓国側の都羅山(トラサン)を朝9時にバスで出発し、古都開城を日帰りで観光する韓国人のためのものだ。現代峨山(ヒヨンデアサン)という財閥系の企業がツアーを主催しており、外国人も参加できる。北朝鮮と国交がない日本や米国などのパスポートを持つ人も行けるのだ。日本国籍の筆者が興味津々でこのバスに乗ったのは、まさに閉鎖直前の11月末。最終便に近いツアーをルポしよう。「写真撮影はご案内する観光地だけでお願いします。走行中のバスからは写してはいけません。フィルム式のカメラはだめですよ。デジタルカメ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。