人民解放軍の対外工作部門「友連会」が日本で活動再開

2009年1月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

中国人民解放軍の対外工作部門として知られる国際友好連絡会(友連会)が、中断していた日本への働きかけを再開した。同会は解放軍総政治部連絡部のダミー機関で、西側諸国の保守系人士の取り込みを任務としてきた。日本では日本財団をパートナーとして、自民党議員や自衛隊OBなどを主たるターゲットとして活動していた。ところが07年春、同会の王慶前・前常務理事が機密情報漏洩で死刑判決を受けていたことが判明。同氏は大佐の階級を持つ軍人で、日本担当の事実上のヘッドであっただけに、友連会は組織解体の危機にさらされた。友連会については近年、本来業務を離れたビジネス化、利権あさりの傾向が指摘されており、日本財団にも距離を置かれていた。さらに一大スキャンダル発生とあって、同会の活動は事実上凍結された。組織改革と再スタートのため担ぎ出されたのが、前外相の李肇星氏。元国連大使 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。