朝日が金城湯池の大阪で日経と「共同印刷」構想

2009年1月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

朝日新聞が日本経済新聞に共同印刷構想を持ちかけている。朝日はすでに凸版印刷と共同で、大阪・海老江の凸版所有地に朝日の印刷工場(仮称「海老江工場」)を建設することで合意。その新工場にANY(朝日・日経・読売)連合の盟友、日経に「一緒に刷らないか」と誘いをかけているのだ。朝日は近く大阪・中之島の現大阪本社一帯の再開発に着手するため、本社内の印刷工場を移転させる必要がある。また、印刷委託先の日刊オフセット豊中工場の老朽化もあり、両工場の印刷を海老江工場に集約する。朝日がこれを発表した10月時点で、新工場の設備は「輪転機6~7セット」と幅のある表現にとどめたのは、実は日経側が回答を留保しているため。朝日としては日経が参加すれば、工場の規模が大きくなり、1部あたりの印刷コストを低減できるメリットがある。2012年の完成・稼働から逆算すると、08年中に設計図を描 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。