プーチン来日で「領土」乾坤一擲

「次世代に委ねない」とのメドベージェフ発言を引き出した麻生首相。経済協力で釣れるか。

2009年1月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

ロシアのドミトリー・メドベージェフ大統領が08年11月下旬、ペルーの首都リマで麻生太郎首相と会談した際、北方領土問題の解決を「次世代に委ねることは考えていない」と発言、注目を集めた。その会談で大統領以上に影響力を持つウラジーミル・プーチン首相の09年早々の来日も決まり、北方領土問題解決への関心が高まりつつある。その半面、ロシア側の反応がいまひとつで、領土問題が本当に動くかどうか、半信半疑という見方も出ている。リマでの日露首脳会談は、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の合間に行われた。麻生・メドベージェフ会談は約1時間。日本外務省のブリーフによると、麻生首相は冒頭から領土問題を取り上げ「二国間の国境線が画定しないことが(アジア太平洋地域の)不安定要素になっている」とずばり切り込んだ。メドベージェフ大統領は「二国間に克服できない問題はない」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。