大野木 克信氏(元日本長期信用銀行頭取)

市場の「見えざる手」と破れぬ約束

2008年12月号 連載 [経営者のひきだし 第32回]

  • はてなブックマークに追加

未曽有の国際金融の危機に、いまだ打開への燭光はみえない。1944年7月、米ニューハンプシャー州ブレトンウッズに44カ国が集まり、まとめた上げた国際通貨・金融の「ブレトンウッズ体制」。第2次大戦のさなかに、早くも戦後の復興の枠組みを固めた当時の政治、経済のリーダーたちの先見性に、いまさらながら敬意が湧く。その構想をまとめたのが、英国のケインズと米国のホワイトだ。「21世紀のケインズとホワイト」は、いつ現れるのだろうか。そんな思いを抱きながら、この金融危機に特別な感慨を持つ元銀行経営者がいる。大野木克信さん。旧日本長期信用銀行(現・新生銀行)の頭取だった。バブル崩壊後の経営再建を果たせず、98年の金融危機の中で辞任。直前の決算処理が商法違反(違法配当)などに問われ、逮捕・起訴されて一審、二審で有罪とされた。この7月18日、最高裁で逆転無罪の判決が出て、い ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。