「戦犯」ゴールドマン・マフィア

財務省もFRBもゴールドマンの「植民地」。99年の上場で、「国への奉仕」が貪欲な利己主義に変質した。

2008年12月号 BUSINESS [ポールソンの大罪]

  • はてなブックマークに追加

「なぜ、リーマン・ブラザーズが破綻となり、AIGは救済されたのだろう……あっち(救済を受けた)側だったら本当に良かったのに」悔しさがこみあげてきたのか、証言席の大男は言葉に詰まる。長い沈黙を経て、捨てぜりふを吐いた。「墓場に行くその日まで、私は(なぜ救済されなかったかの理由を)問い続けるだろう」米下院で金融危機問題を調べている政府改革・監視委員会は10月5日朝、連邦破産法11条を申請した証券大手リーマン・ブラザーズのリチャード・ファルド前会長兼最高経営責任者(CEO)を呼んだ。マスコミも見守る公聴会だけに、「ゴリラ」と呼ばれ、好戦的な性格で知られるファルド前会長は訥々と話した。だが、壇上の議員を時々睨みつける。喉もと出かかっていたのは恨み節だったに違いない。ライバルだったゴールドマン・サックスと、その会長兼CEOだったヘンリー・ポールソン財務長官が、リ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。