毎日の名物コラム「余録」の評判

2008年12月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

朝刊1面のコラムは各紙を代表する名文家の腕の見せどころだ。朝日の「天声人語」しかり、読売の「編集手帳」しかり。「産経抄」は2004年12月まで35年間、石井英夫論説委員がひとりで書き続けた。毎日の「余録」といえば、諏訪正人氏の名前が浮かぶ。石井氏には及ばないが、1979年から02年まで23年間担当し、90年には日本記者クラブ賞を受賞した。前任者が偉大だと後輩は苦労する。諏訪氏のあとは同じく学芸部長経験者が引き継いだが、わずか1年で大学教授に転出した。その次がやはり学芸部長経験者の柳川時夫論説室特別編集委員。東大法学部卒の現在59歳。後任に指名されて5年。最近は評判も上々である。ほどほどの薀蓄と軽妙洒脱な文章。おしつけがましさがないところがまたいいのだとか。このあたりの加減がなかなか難しい。最後の三文字を空白にするのが「諏訪流」なら、「柳川流」は一文字の空白も ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。