「破壊者」グーグルが携帯攻略へ刺客

基本ソフト「アンドロイド」搭載の端末第一号が米国で発売。地味なスタートの裏には恐るべき戦略が……。

2008年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

検索サービスの巨人、グーグルの基本ソフト(OS)を搭載した携帯電話――俗称「Gフォン」の第一号が10月22日に登場した。グーグルが無料で提供するOS「アンドロイド」の仕様に従って開発された端末「G1」である。発売したのはドイツテレコムの米国法人「T-モバイルUSA」(3150万人加入)。当初は米国のみだが、順次欧州でも販売が開始される。しかし、あらゆるサービスを無料で提供し、既存ビジネスモデルの“破壊者”と恐れられているインターネットの一人勝ち企業、グーグルのことである。既存の携帯キャリアや端末メーカーはもとより、一足早く「アイフォーン」を擁して携帯に参入したアップルまでもが、この手ごわいライバルの殴り込みを固唾を呑んで見守っている。どう違うのか。液晶パネルをスライドさせるとアイフォーンにはないキーボードが現れる。もちろん、タッチパネルでの操作も可能なので、ア ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。