オバマ「聖」から「俗」への変身

超大国再建をめざす「チーム・オバマ」選びは首席補佐官で片鱗。アジア政策は実動部隊が主役に。

2008年12月号 GLOBAL [アメリカ新政権助走]

  • はてなブックマークに追加

ワシントンに「ニュージアム」というニュースの博物館がある。見どころの一つが、全米各地の新聞の1面を毎日展示するコーナーだ。11月5日。すべての新聞はバラク・オバマの米大統領当選を伝えていた。「新しい夜明け」「歴史は作られた」……。見出しから興奮が伝わってくる。人種差別が激しかった南部アラバマ州の新聞は、笑顔のオバマの写真に「In Our Lifetime」と大きな活字を組み合わせて万感の思いを込めた。自分の目でアフリカ系大統領の誕生を見るとは思わなかった、という意味だ。社会を蝕んできた根深い人種対立や差別が解消するわけではない。国民の多くはそう知りつつも、自分たちはこの国を新しい時代へと導いてくれるリーダーを選んだのだという高揚感を味わっている。だがオバマはあまり喜びを表に出さなかった。当選が決まった11月4日夜。20万人以上が集まったシカゴの公園に姿を見せたオ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。