「KDDI二大派閥」が熾烈な社長争い

旧DDIと旧KDDで激しく蹴り合い。次世代高速無線の「UQ」と「au」が鞘当て。

2008年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

在任9年に及ぼうとする小野寺正社長(60)率いるKDDIは、「au」携帯電話の好調もつかのま、今後の成長戦略をめぐってダッチロールの最中にある。次世代の移動体通信事業を担う「二本の足」が、互いに激しく蹴り合っているというのだ。8月29日、横浜市内にひとつの鉄塔が立った。KDDIが30%を出資するUQコミュニケーションズが建設した第一号の無線基地局だ。UQは、ADSLと同等の、毎秒数十メガビットの通信速度が出る次世代高速無線「WiMAX」の事業化のためにKDDIやJR、京セラなどが共同で設立した会社。計画では来年2月に首都圏でWiMAXの試験サービスを開始した後、8月には商用サービスを始める。2012年度までに設備投資1323億円をかけ全国展開し、人口カバー率93%の達成を目指すという。UQの田中孝司社長(51)は、第一号基地局の隣で報道陣の写真にうれしそうに納まった。田中氏はKDDI取締役も兼務し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。