CM激減の民放各局を襲う交際費大幅カットの寒風

2008年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

民放各社に交際費削減の寒風が吹き荒れている。大阪準キー局の朝日放送(ABC)はなんと7割カット、東京キー局のテレビ朝日は5割カット、テレビ東京は3割カットといった具合だ。各局とも今年度に入って最大の収益源である広告収入が前年比で2割ほど落ち続けているのに対し、これといった増収策はなく、利益捻出のため経費削減の大号令が出た模様。そうなると、経費のなかで真っ先に削られるのは「広告費、交際費、交通費の3K」というのは世の習い。まさにスポンサーが「広告費」を削減した結果、テレビ局の「交際費」にしわ寄せが来た次第。この結果、制作会社との打ち合わせも、これまでなら「ちょっと一杯飲みながら」だったのが「会社の会議室でいいですか」に変わり、番組終了後の打ち上げも、「例えば、六本木の料理店でやっていたのを新橋の居酒屋に格下げ。なかには会社でビールに宅配ピザで済ま ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。