ヘッジファンドの裏に「ハワラ」網

世界株安に乗じて荒稼ぎか。MI6の追跡で、「テロマネー」のルートが浮かぶ。

2008年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

英国の対外諜報機関MI6(正式名はSIS)には、市場に目を凝らす金融アナリストがいる。このほどMI6がトップクラスのアナリストを採用して、ヘッジファンドの捜査に乗り出した。ほかでもない、9月の米証券大手リーマン・ブラザーズの経営破綻を機に、保険最大手のAIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)など経営難に追い込まれる金融機関が相次ぎ、米国にとどまらず、日本を含めアジアや欧州など世界各国の株式市場が暴落の「TSUNAMI」(津波)に襲われたからだ。この危機に乗じて国際テロ組織アル・カイダがひと稼ぎした可能性があると見ているのだ。アル・カイダが株式取引で資金運用していることが判明したのに加え、金融界の“賭博師”であるヘッジファンドは資金の出所チェックが甘く、アル・カイダが麻薬取引などで得た資金で株式市場に投入するのに、うってつけの窓口になっているとみたの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。