起死回生狙う毎日が「共同」と「中日」に急接近

2008年12月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

毎日新聞社が水面下で共同通信への加盟を打診した模様だ。両社の加盟料交渉が折り合えば、来年にも実現する可能性が高い。毎日は現在、共同から外信記事の配信は受けているが、国内ニュースの配信はされない「契約社」の位置づけ。加盟社に格上げすると、国内各地のニュース配信を含めたフルサービスが受けられるようになる。夕刊を廃止した北海道などコスト割れ地域からの撤退が経営上の喫緊の課題となっており、辛うじて維持してきた全国取材網に穴があいた場合を想定、共同から各地からのニュース配信を受けようとしているものと見られる。もう一つ、毎日の気になる動きとして、中日新聞への急接近が挙げられる。販売や印刷部門での協力を中日に打診したらしい。毎日元常務の河内孝氏が自著『新聞社 破綻したビジネスモデル』で両社と産経新聞社を加えた3社での提携を実現することで朝日、読売の両社 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。