オバマの医療保険改革に脅える製薬業界

2008年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米国初の黒人大統領誕生に脅えているのは製薬業界だ。オバマ次期大統領の医療保険制度改革は、公的医療保険による保険未加入者のカバー率引き上げが基本路線になりそうだからだ。そうなれば医療費の圧縮や医薬品の価格引き下げの動きが強まるのは確実だ。ここ数年、世界最大の米国医薬品市場の成長は鈍化している。米国の調査会社「IMSヘルス」は、09年の世界医薬品市場は4・5~5・5%拡大して8200億ドル以上になるが、米国市場の伸びは1~2%にとどまり、約3千億ドル前後になると予測した。米国発の金融危機により、大統領選の争点から医療保険制度改革問題は消えてしまったが、最近の統計では保険未加入者が4千万人を上回り、今後さらに増える傾向を示している。個人も企業も民間保険の負担増に耐えかね、未加入問題は深刻化する一方だ。公的に医薬品価格を決定している日本や欧州では価格の引き下げが ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。