ソフトバンクの「中国電信」カード

“お化粧”決算の裏にとんだ深手。孫社長に残された「起死回生」策は、国家のタブーに触れるのでは?

2008年12月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

11月12日、その情報に霞が関は戦慄した。この日の東京証券取引所では、ソフトバンク株がストップ高(前日比200円高)の1445円に上昇、108万株の買い注文を残して比例配分された。奇跡の挽回――約2週間前の10月28日には636円と年初の3分の1、“倒産係数”と言われるCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)で900台と、ほとんど「死に体」だったのがウソのようだ。だが、霞が関を愕然とさせたのは、そんな理由ではない。移動体通信のソフトバンクモバイルを持て余した孫正義社長が、投資銀行関係者を通じて、中国電信(チャイナ・テレコム)に出資か売却を打診した、という。中国電信? 唐突になぜそんな名が飛び出すのか。伏線がある。10月29日、孫社長は予定を1週間繰り上げて9月中間決算の説明会を開いた。「一部の雑誌ではソフトバンクのキャッシュフロー(CF)が問題かのように書いているが」と、わざ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。