図太い小池の「次の一手」

小泉に振られてもへっちゃら。めざすは「総理」の一点張り。総選挙後は何でもありか。

2008年11月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

今年7月に話は遡る。奥田碩前日本経団連会長(トヨタ自動車相談役)のもとへ、突然、元防衛相の小池百合子が訪ねてきた。「福田内閣の支持率を上げるには強力なスポークスマンが必要です。私を改造内閣の官房長官に推薦してくれませんか……」内閣特別顧問を務める奥田は、福田首相(当時)と頻繁に意見を交換する関係にある。「出世欲の塊」と言われる小池だが、その臆面もない要請に、奥田もあっけにとられたようだ。「猟官嫌い」で知られる福田が耳を貸すはずはない。それを承知で、財界首脳の懐に飛び込み思いをぶつける。「スイッチのオンとオフが非常にはっきりしている」(自民党関係者)。この図太さこそが、小池流パフォーマンスなのだ。9月29日午後の衆院本会議場。所信表明演説に立った麻生太郎首相は、民主党に「逆質問」の奇襲をかけていた。怒号とヤジが飛び交うなか、小池は「我関せず」の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。