三歩先が見えぬ白川日銀

米欧総力戦で、やっと金融恐慌の闇に薄日。だが、ゼロ金利回帰を拒む日銀の「孤高」は、円の独歩高を招く。

2008年11月号 COVER STORY [大恐慌クライシス]

  • はてなブックマークに追加

どん底からの生還――10月13日、世界の株式市場にようやく薄日がさした。東京は休日だったが、アジア、欧州で株価が反転し、ニューヨークでもダウが9000ドル台に戻し、翌14日には日経平均も9000円台に回復した。現前した金融恐慌に世界が総力戦で立ち向かった結果だ。週末の10日にはワシントンで7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)、11日に新興国も交えた緊急20カ国財務相会議(G20)、そして12日にはユーロ圏15カ国の緊急首脳会議とトップが鳩首協議して、恐慌の火消しに「あらゆる利用可能な手段」(G7行動計画)を尽くすと訴えた。

システミックリスクに言及

例年のようなリップサービスではない。間髪を容れず手形を切った。12日、ユーロ圏15カ国首脳は、機能不全に陥ったインターバンク(銀行間)取引の政府保証と、銀行への公的資金注入を柱とした金融安定化策を発表した。13日には日米欧の中央銀行が「流動性がほぼ枯渇 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。