ポールソン「銀行国有化」の禍根

リーマン破綻の誤算で、ついに巨額の資本注入。膨らむ負担に財政保守派は不満募らす。

2008年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「緊急経済安定化法は、金融機関に資本を注入する権限を財務省に与えている」。10月8日、ホワイトハウスの隣の米財務省の会見場。巨漢のハンク・ポールソン長官は、記者団を睥睨して大見得を切った。その5日後の13日、財務長官はバンク・オブ・アメリカ(BOA)など大手金融機関6社トップと会談、資本注入計画を説明した。議会が承認した不良資産買い取り資金の7千億ドルのうち2500億ドルをシティ、JPモルガン、BOA、ウェルズ・ファーゴ、メロン、ステートストリートの6行と、投資銀行から銀行持ち株会社に転換したゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、メリルリンチ(BOA傘下)の3社に資本注入するというもの。実は9月中旬から、プリンストン大学教授ポール・クルーグマンら一部エコノミストや、民主党のチャック・シューマー上院議員(ニューヨーク州選出)らが提唱していた救済策である。し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。